アンテナはメンテナンスが重要!【寿命は約10年】

MENU

業者に工事してもらう理由

ウーマン

結果的には安くなります

アンテナ取り付け業者に正しくテレビアンテナを取り付けてもらうのは、何も鮮明な映像が見られるようにするだけでなく、危険を防ぐことができ、結果的にもかかる料金を最小化することができます。アンテナ工事業者は取り付ける場所の電界の強さをセンサーを使って測定してから機器を選び、工事をするので過不足ない機器を選んでもらえます。電界の強い地域にあまりに高性能なアンテナを設置すると逆に画像が乱れることがあり、無駄な費用を支払うことになります。通常アンテナを取り付ける場所は屋根や屋根近くの壁面になります。すると高いところでの作業になるため、どうしても危険が伴います。業者であれば高所作業は慣れているので任せて安心です。さらに強い風にも曲がったり、折れたりしないしっかりしたアームを使い、しっかりとした固定をしてくれるので折れて落下して住宅設備を壊してしまったり、人にケガをさせるという心配もありません。屋根の上にアンテナを設置すると本体と工事費で5万円はかかることが一般的です。この費用を下げるために自分で工事をすれば機器料金だけで済ませることができるので、価格を安く抑えることができます。さらに1万円を割るようなアンテナを選べば、さらに節約することができます。しかし、安いアンテナは強度が弱かったり、水に弱かったりしてすぐに買い変えなければいけないかもしれません。そして取り付け方が甘かったりするとアンテナの方向が正しい方向とはずれてしまいテレビが見れなくなることもあるので、アンテナ工事は業者に頼んだ方がよいでしょう。