アンテナはメンテナンスが重要!【寿命は約10年】

MENU

テレビを見るコスト

工具

ケーブルテレビよりもお得

テレビを見るコストとしてはNHKへの受信料が必要ですが、アンテナを立てずにケーブルテレビや光テレビなどを利用するとそれらの月額料金が必要になってきます。月額料金は会社によって異なってきますが、少なくとも1000円程度は必要です。一方でアンテナを立てて電波を受信すればケーブルテレビ会社などに支払う料金は発生しなくなります。テレビを視聴するアンテナとしては、UHF/VHFのアンテナと衛星放送を見るためのBS/CSパラボラアンテナがあります。現代のテレビはデジタル放送化されており、テレビもデジタル・テレビしか発売されていません。このため地デジチューナーとBS/CSチューナーが内蔵されているのでアンテナで電波を受信してそれをケーブルに接続することで視聴することが可能です。アンテナを立てる方法は個人でも行うことができますが、専門業者に任せる方が無難です。理由としては電波の方向を把握する必要があるためです。アンテナを立てても電波の感度がよくなければきれいな映像を見ることができませんし、デジタル放送ではブロック状のノイズとなってしまいます。このため受信感度の良い方向や高さを探し出す必要があり、この点でも専門業者に任せると安心です。また専門業者にまかせてもアンテナを設置するだけであれば、数万円程度で行うことができ、ケーブルテレビ会社などに加入して月額料金を支払う金額の元を数年で取り戻すことができるのも人気の理由です。